Chapel Times(機関紙)

チャペルタイムスは、茨城県守谷市にある、守谷聖書教会が開拓当初から定期的に地域にお配りしている教会の機関紙です。


2017年春号「『ただ在る』ことの大切さ」

「ただ在る」ことの大切さ

「子ども・若者の生活に、さまざまなことをする“ための”場所が増えている。」

関西学院大学准教授である貴戸理恵氏は、東京新聞のコラムでそう指摘されています。その一つ目の例として、保育園や学童保育において、市場化の流れにより、「指導員が英語で話しかける」など付加価値をアピールするものが増え、ただ生活するだけではなく、何かを身につける「ための」場所となっていることを挙げています。二つ目の例は、勤務先である大学でのことで、授業では飽き足らず「もっと学びたい」という学生のために「課外の学びの場」が用意され、留学やボランティア活動、資格取得などのサポートも充実しており、何かやりたいと思えば、その「ための」受け皿は多様にあることを挙げています。でも、その一方で「何かしなければ」という焦燥に、学生たちはさらされているように見えるというのです。

 

「何かのためにする」ことばかりがほめ上げられ、「ただ在る」ことがその価値をおとしめられるなら、息苦しくはないか。子ども・若者には「何の目的もなくただそこに居て、話に耳を傾けてもらい、目的や能力にかかわらず存在を認めてもらう」場所が必要だ。「ただ在る」ことの意義をもう一度見つめなおしたい。そんなコラムでした。

 

存在の喜び

「存在の肯定」ということであり、「存在の喜び」ということでしょうか。

貴戸氏も述べておられるように、何かをなし、それが評価され、自己肯定ができていくという面もあるでしょう。でも、やはり、その前に、何ができてもできなくても、成功しても失敗しても、人に評価されてもされなくても、「私の存在は尊い」との内なる確信が大切であり、それが何かをなしていく力となるでしょう。

 

子育てにおいて、最も大切なことは、子どもに向かって「君がいてくれて本当に嬉しい」ということを伝え続けることだと、ある書物に記されていました。

 

神の目には

聖書を見ると、神は私たち一人ひとりを創造し、「わたしの目には、あなたは高価で尊い」と仰せられています。その神に背を向け、神から離れ、「放っておいてくれ」と歩んでいる私たちを、神は愛し、独り子イエス・キリストを十字架に架け、神に立ち返ることを断腸の思いで待っておられるのです。

 

聖書のキーワードは、「にもかかわらず」でしょう。神は、私たちがどんな状態にもかかわらず、私たちの存在のど真ん中を愛しておられるのです。その神のもとで「あなたを愛している」との愛の言葉と「あなたの罪はキリストによって赦された」との赦しの言葉と「恐れなくてよい。わたしはあなたとともにいる」との希望の言葉を聴きながら、今日を生きていくのです。

 

神の真実な愛により存在の喜びと生きる力をいただきながら、神に委ねられた所で委ねられた務めを、今日、精一杯なさせていただきましょう。

続きを読む


BACK NUMBER