聖書メッセージ

茨城県守谷市にある、守谷聖書教会の日曜日の礼拝のメッセージ(礼拝説教要旨)を掲載しています。聖書のことばがそれぞれの助けとなりますように。


聖書メッセージ『さすらいの旅』(Ⅰサムエル記21:1~15)

聖書箇所 Ⅰサムエル記21:1~15
21:1 ダビデはノブの祭司アヒメレクのところに行った。アヒメレクはダビデを迎え、恐る恐る彼に言った。「なぜ、おひとりで、だれもお供がいないのですか。」
21:2 ダビデは祭司アヒメレクに言った。「王は、ある事を命じて、『おまえを遣わし、おまえに命じた事については、何事も人に知らせてはならない。』と私に言われました。若い者たちとは、しかじかの場所で落ち合うことにしています。
21:3 ところで、今、お手もとに何かあったら、五つのパンでも、何か、ある物を私に下さい。」
21:4 祭司はダビデに答えて言った。「普通のパンは手もとにありません。ですが、もし若い者たちが女から遠ざかっているなら、聖別されたパンがあります。」
21:5 ダビデは祭司に答えて言った。「確かにこれまでのように、私が出かけて以来、私たちは女を遠ざけています。それで若い者たちは汚れていません。普通の旅でもそうですから、ましてきょうは確かに汚れていません。」
21:6 そこで祭司は彼に聖別されたパンを与えた。そこには、その日、あたたかいパンと置きかえられて、主の前から取り下げられた供えのパンしかなかったからである。
21:7 ――その日、そこにはサウルのしもべのひとりが主の前に引き止められていた。その名はドエグといって、エドム人であり、サウルの牧者たちの中のつわものであった。――
21:8 ダビデはアヒメレクに言った。「ここに、あなたの手もとに、槍か、剣はありませんか。私は自分の剣も武器も持って来なかったのです。王の命令があまり急だったので。」
21:9 祭司は言った。「あなたがエラの谷で打ち殺したペリシテ人ゴリヤテの剣が、ご覧なさい、エポデのうしろに布に包んであります。よろしければ、持って行ってください。ここには、それしかありませんから。」ダビデは言った。「それは何よりです。私に下さい。」
21:10 ダビデはその日、すぐにサウルからのがれ、ガテの王アキシュのところへ行った。
21:11 するとアキシュの家来たちがアキシュに言った。「この人は、あの国の王ダビデではありませんか。みなが踊りながら、『サウルは千を打ち、ダビデは万を打った。』と言って歌っていたのは、この人のことではありませんか。」
21:12 ダビデは、このことばを気にして、ガテの王アキシュを非常に恐れた。
21:13 それでダビデは彼らの前で気違いを装い、捕えられて狂ったふりをし、門のとびらに傷をつけたり、ひげによだれを流したりした。
21:14 アキシュは家来たちに言った。「おい、おまえたちも見るように、この男は気違いだ。なぜ、私のところに連れて来たのか。
21:15 私が気違いでもほしいというのか。私の前で狂っているのを見せるために、この男を連れて来たのか。この男を私の家に入れようとでもいうのか。」

 

説教要旨
19章20章で、サウル王に命を追われたダビデは、妻とも別れ、放浪の旅に独り出て行かなければならなくなりました。21章は、ダビデの信仰の後退が見えます。祭司アヒメレクに偽りを言い、パンと剣を求め、また敵国ペリシテ人の所にもぐり込み、直ぐに見つかると、気違いを装いました。二度の偽り。これはダビデの窮状を示しているとともに、神への信頼を失っている信仰の後退を示しています。ゴリヤテに信仰により立ち向かったダビデとは違う姿です。人間的な思いと方法が先行しています。

 

しかし、ダビデは、この後、魂が探られ、神に悔い改めたことが、詩篇34篇に記されています。「幸いなことよ。彼に身を避ける者は。主を恐れよ。その聖徒たちよ。彼を恐れる者は乏しいことはないからだ。(詩篇34:8~10)」そうしたダビデの悔い改めた後の姿が、22章に記されています。ダビデは、ペリシテの地からアドラムの洞穴に避難しました。ダビデを信頼し、集まってきた者たちが四百人ほどいました。(22:1~2)両親を心配し、異国のモアブの王に両親を見てもらうことにしました。自らもモアブの地の要害に留まっていると、預言者ガドにサウル王のいるユダの地に帰るよう告げられ、従いました。また、サウル王は、主の祭司アヒメレク一家を殺害し、アヒメレクの息子エブヤタルはダビデの所に逃げて来ました。ダビデは、自分が取った偽りの行為によりアヒメレク一家の死を引き起こしたと、サウル王を責めたのではなく、自らの罪を認めました。(22:23)しかし、エブヤタルに「…私といっしょにいれば、あなたは安全だ。(22:23)」と確信の言葉を告げました。21章の、人間的方法を先行させるダビデの恐れの姿はありません。ダビデの根底において、神は、この私をお守り下さるとの、新たな神への信頼を回復していたからでした。

 

21章と22章は、サウル王に命を追われたダビデのさすらいの旅の始まりを記し、ダビデの信仰の後退も出、回復も与えられました。ダビデにおいてはさすらいの旅でしたが、神は、ダビデとともにあって、王へと一つひとつ導かれておられたのです。ガデの王アキシュの家来は、「あの国の王ダビデ(21:11)」と述べました。ダビデにつく者たちが起こされています。(22:1~2)モアブの王と交渉するほどになっております。(22:3)預言者ガドの勧めを受けております。(22:4)祭司エブヤタルが自分につくようになりました。預言者ガドと祭司エブヤタルは、ダビデが王になった後も生涯ダビデを支えました。ダビデは、エブヤタルに「私といっしょにいれば、あなたは安全だ。(22:23)」と述べましたが、それは神ご自身がまずダビデに語られた事と言えるのではないでしょうか。キリストは、私たちを愛し、十字架の死により私たちを赦し、死の中から復活され、とこしえに変わることなく私たちとともにおられる羊飼いです。強い時にも弱い時にも、喜びの時にも悲しみの時にも、何かができる時にもできない時にも、そして死においても、いいえ死の後においてもともにいて下さいます。(マタイ28:20)そして、聖霊を与え、聖霊は、ダビデが信仰の立て直しを与えられたように、私たちと伴われ、罪を示し、悔い改めへと導いて下さいます。そして、神は、ご自身に信頼し従う者を守って下さいます。

 

今日は、敬老のお祝いです。敬老のお祝いを迎えた方々の存在は、主に信頼して生きる幸いを私たちに示しておられます。主にあって心より感謝を申し上げ、神様の祝福を祈ります。そして、だからこそ、お願いがあります。いよいよ「私といっしょにいれば、あなたは安全だ(22:23)」と、主に信頼していく時に、「あなたは安全だ」と、家族に、教会の兄弟姉妹に、隣人に主をお証する歩みへと進んでいただきたく願います。そして、私たち一同が、この朝、闘いを覚える中にあって、もう一度主に立ち返って、「私といっしょにいれば、あなたは安全だ(22:23)」との主の御声に聴き、主に信頼していく祝福の中に生かされていきましょう。


BACK NUMBER