聖書メッセージ

茨城県守谷市にある、守谷聖書教会の日曜日の礼拝のメッセージ(礼拝説教要旨)を掲載しています。聖書のことばがそれぞれの助けとなりますように。


聖書メッセージ『神の子の死』(マタイ27:45~56)

聖書箇所 マタイ27:45~56
27:45 さて、十二時から午後三時まで闇が全地をおおった。
27:46 三時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。
27:47 そこに立っていた人たちの何人かが、これを聞いて言った。「この人はエリヤを呼んでいる。」
27:48 そのうちの一人がすぐに駆け寄り、海綿を取ってそれに酸いぶどう酒を含ませ、葦の棒に付けてイエスに飲ませようとした。
27:49 ほかの者たちは「待て。エリヤが救いに来るか見てみよう」と言った。
27:50 しかし、イエスは再び大声で叫んで霊を渡された。
27:51 すると見よ、神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた。地が揺れ動き、岩が裂け、
27:52 墓が開いて、眠りについていた多くの聖なる人々のからだが生き返った。
27:53 彼らはイエスの復活の後で、墓から出て来て聖なる都に入り、多くの人に現れた。
27:54 百人隊長や一緒にイエスを見張っていた者たちは、地震やいろいろな出来事を見て、非常に恐れて言った。「この方は本当に神の子であった。」
27:55 また、そこには大勢の女たちがいて、遠くから見ていた。ガリラヤからイエスについて来て仕えていた人たちである。
27:56 その中にはマグダラのマリア、ヤコブとヨセフの母マリア、ゼベダイの子たちの母がいた。


説教要旨
本日は棕櫚の主日です。主イエスは十字架に架かり、正午から三時まで闇が全地を覆いました。「闇(v45)」は、罪に対する神の裁き(罰、怒り)を表しています。世界と人間を創造された真の神がおられます。しかし、人はその神を崇めず、感謝することなく生きています。罪とは神に対する高ぶりです。人は罪の故に神との正しい関係が失われ、罪の中に死んでおり(エペソ2:1)、罪の力に支配され、毒され、様々な罪の歩みを行っています。神は聖く義なるお方であられ、罪を嫌われ、怒られ、正しくお裁きになられます。人は終わりの日に神に裁かれ、永遠の死に定められ、神に全く見捨てられるべき者です。神の前に罪の精算の時があります。(へブル9:27)これは恐るべきこと、恐れなければならないことです。

 

しかし、神は、そのまま私たちを永遠の死にお定めになられるのでしょうか。神は、私たちを愛する故に独り子イエス・キリストを裁かれ、救いの道をお開き下さいました。主イエスは十字架上で神に全く捨てられ、神は愛する御子に沈黙され救いませんでした。(v46)御子イエス・キリストは私たちの罪を負われ、神に裁かれたのです。主イエスは「霊を渡された(v50)」と神に捨てられる御苦しみをご自分からお受けになられました。救いの御業を気づかない人間(v47~v49)、それでもなお主イエスは、その人間を愛し、救いのために、いのちを指し出されたのです。主イエスの十字架の死により二つの象徴的な出来事が起きました。第一は神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けたのです。(v51)神との和解の道が開かれたのです。第二は死人が生き返りました。(v51~v53)今と将来の死に対する勝利がもたらされたのです。私たちは、今肉体は生きておりますが、神との交わりを失い、魂は死んでいます。空しさやどんなに物を得ても渇きがあります。なしたくない罪を犯してしまいます。でも、主イエスは罪の内に死んでいる私たちを新しく生まれさせ、この世では得られない真の喜び、感謝、平安の内を歩ませて下さいます。また、私たちは、ここでのイエスのように神の沈黙の中に置かれることや神と人とに忘れられたような苦しみの中に置かれることがあります。でも、主イエスはその深く傷ついた魂を少しずつ慰め、立たせて下さいます。そして、主イエスは、将来私たち人間の最大の敵である肉体の死に勝利を与え、神の住まう天の御国に導き入れ、神との永遠なる交わりに生かして下さいます。

 

では、主イエスが十字架上で成し遂げて下さったこの救いを、私たちはどのように自分のものとすることができるのでしょうか。百人隊長や一緒にイエスを見張っていた者たちは、イエスを神の御子と告白しました。(v54)一方、ユダヤ民衆と指導者は、イエスを神の御子であることを否定しました。(v40、v43)イエスを神の御子と信仰を告白し拠りすがる者は罪赦され、新しいいのちが与えられ造り変えられ、永遠のいのちが与えられます。どんなに神に対し知識があり、神の教えを人間的に守っていたとしても、人は罪の赦し、新しいいのち、永遠のいのちを得られません。でも、過去いかなる歩みであったとしても、聖書が十分分かっていなくとも、十字架で死なれたイエスを神の御子と拠りすがる者は、罪赦され、新しいいのち、永遠のいのちが与えられます。

 

私たちを創造された神は、聖書を通し、十字架に架かられた救い主イエス・キリストを示し、罪の赦し、新しいいのち、永遠のいのちを受けることを切願しておられます。「背信の子らよ、帰れ」と語りかけておられます。十字架から降りず、私たちの身代わりに神に裁かれ捨てられたイエスを神の御子と拠りすがり、罪の赦しを受け、新しいいのち、永遠のいのちを受け取っていただきたいのです。そして、日々神の御子イエス・キリストに信頼し従い、日々新しいいのちに生かされ、造り変えられ、神の祝福と御心の中を歩んでいきましょう。


BACK NUMBER