聖書メッセージ

茨城県守谷市にある、守谷聖書教会の日曜日の礼拝のメッセージ(礼拝説教要旨)を掲載しています。聖書のことばがそれぞれの助けとなりますように。


聖書メッセージ『良き計らいへの愛』(創世記50:15~21)

聖書箇所 創世記50:15~21

50:15 ヨセフの兄弟たちは、自分たちの父が死んだのを見たとき、「ヨセフはわれわれを恨んで、われわれが彼に犯したすべての悪に対して、仕返しをするかもしれない」と言った。

50:16 そこで、彼らはヨセフに言い送った。「あなたの父は死ぬ前に命じられました。

50:17 『ヨセフにこう言いなさい。おまえの兄弟たちは、実に、おまえに悪いことをしたが、兄弟たちの背きと罪を赦してやりなさい、と。』今、どうか、父の神のしもべたちの背きを赦してください。」ヨセフは彼らのこのことばを聞いて泣いた。

50:18 彼の兄弟たちも来て、彼の前にひれ伏して言った。「ご覧ください。私たちはあなたの奴隷です。」

50:19 ヨセフは言った。「恐れることはありません。どうして、私が神の代わりになることができるでしょうか。

50:20 あなたがたは私に悪を謀りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとしてくださいました。それは今日のように、多くの人が生かされるためだったのです。

50:21 ですから、もう恐れることはありません。私は、あなたがたも、あなたがたの子どもたちも養いましょう。」このように、ヨセフは彼らを安心させ、優しく語りかけた。

 

説教要旨

ヨセフの記事を通し神の摂理の愛を見てきました。本日は最後の箇所で神は悪を良き計らいに変えてくださることを見て参ります。「統治」と言われるものです。ある本には「にもかかわらず」の神の働きとありました。

 

ヨセフの兄たちは、父ヤコブが死に、ヨセフから仕返しされるかもしれないと不安に襲われ、使いを送り、謝罪しました。ヨセフになした自らの罪の大きさを覚えていました。「父の神のしもべたち(v17)」と述べていますが、神の前に自らの罪が問われていたのです。そういう砕かれた魂とせられていました。神のお取り扱いがあったのです。一方ヨセフもこの謝罪を受け、泣き、「赦してやる」というような高ぶった態度を微塵も取らず兄たちに優しく語りかけました。(v21)ヨセフもまた謙遜な者とせられていました。神のお取り扱いがあったのです。

 

「あなたがたは私に悪を謀りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとしてくださいました。(v20)」これが神の摂理の愛、統治が示されています。兄たちは37章でヨセフが見た夢に対する挑戦、ひいては神の計画に対する挑戦のような言葉を言いました。(37:18~20)ヨセフを穴に放り投げ、エジプトに売り、父ヤコブには獣に襲われたと嘘をつき、ヨセフの夢、神のご計画を打ち破ったように、悪が勝利したように見えました。しかし、神は彼らの悪を良いことのための計らいとし、ヤコブの家族(神の民)が生かされるようにされました。私たちの失敗や弱さ、人間の策略、サタンの働きによって神のご計画は妨げられることはありません。一つひとつのことは敗北のように見えることがあります。でも、神は真実なお方で、私たちに必ずや最善をなしてくださいます。ヨセフだけではありません。ダビデもアブシャロムの巧妙な策略により謀反を起こされました。しかし、神は「主があなたのために一つの家を造る(Ⅱサムエル記7:11~14)」との約束を守られたのです。そして、その最たるものはキリストの十字架でした。宗教指導者の妬み、イスカリオテのユダの裏切り、弟子たちの弱さ、ローマ総督ピラトの保身によって主イエスは十字架にかけられ死なれました。サタンは神の救いのご計画が御子の死によって破られたとほくそ笑んだことでしょう。しかし、まさにその悪を神は良いことのための計らいとし、神はキリストの十字架の死により贖罪の御業を成し遂げられたのです。そして神は、贖罪が成し遂げられたことのしるしとしてイエス・キリストを死の中から復活せられました。神はご自身に信頼していく者たちを決して見放さず、神の栄光が現される道へと導いてくださいます。神は定めの時を決め公正にさばかれます。高く上げてくださるのは、人でも状況でもなく、神ご自身です。(詩篇75篇)(Ⅰペテロ5:6)

 

また、神は大きな救いのご計画の中で、私たち一人ひとりをも取り扱う摂理の神であられます。神は兄たちが悪を計らいましたがそれを良き計らいとされたので、兄たちの罪を取り扱わなかったのではありませんでした。ヨセフも同様です。高ぶりを砕き神の前に人の前に本当に謙遜にせられていきました。神は私たちクリスチャンを確実にお取り扱いくださるのです。私たちの罪をそのままにしてはおかれません。神は聖霊によって私たちの自分では気づかない罪を気づかせ、自分の力では決して変えられない罪や弱さを取り扱い次第に造り変えてくださるのです。何と幸いなことでしょうか。何と幸いな歩みでしょうか。

 

「あなたがたは神の力強い御手の下にへりくだりなさい(Ⅰぺテロ5:6)」「へりくだりなさい」は神の前に自分を低くするきっぱりとした態度を神に対し自分に対し取ることを表しています。「神は最善をなしてくださる」と神への信頼に立つことです。高くしてくださるのは、東からでも西から荒野からでもありません。神ご自身が高くしてくださるのです。神は生きておられます。


BACK NUMBER